イミダゾールジペプチドと脳

 日本ハム(株)中央研究所では、鶏肉の人気の秘密を探るべく、健康との関わりを調べていますが、その鍵を握っているのは、鶏肉中に豊富に含まれている成分「イミダゾールジペプチド」ではないか?と考えています。

 この「イミダゾールジペプチド」は、近年、脳の健康との関連について他研究機関においても注目されています。2013-2015年度には、東京大学、九州大学、国立精神・神経医療研究センター、日本ハムの四者で構成した研究グループで、高齢者を対象としたモニター試験を実施しました(農林水産業・食品産業科学技術推進事業委託事業の委託による)。その結果、鶏肉由来イミダゾールジペプチドを、1日あたり1g、3か月間摂取したモニター群において、脳老化の改善効果が認められました。この成果は、『2014年度 農林水産研究成果10大トピックス』に選抜され、鶏肉のパワーに注目が集まりました。

研究メンバーの一人である国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター長の松田博史先生よりコメントをいただきました。

VOICE

私たちは、高齢の健常者を対象にイミダゾールジペプチドを3ヶ月摂取した群と摂取しなかった群において、安静時機能的磁気共鳴画像を摂取前と摂取後に撮像しました。この安静時機能的共鳴画像を用いると、脳における部位ごとの機能的な連結情報をみることができます。具体的には脳のA部位の自発的な脳活動を示すMRI信号変化と同じような信号変化を示すB部位が存在すれば、A部位とB部位は機能的な連結があると判断します。この手法によって、安静時における種々の脳内ネットワークをみつけ、その活動状態を評価することができます。イミダゾールジペプチド摂取群は摂取しなかった群よりも、脳内ネットワークの活動状態が3ヶ月後に低下することがわかりました。この現象にもかかわらず、記憶力はイミダゾールジペプチド摂取群が改善を示しました。イミダゾールジペプチドは脳内の炎症をおさえることがわかっています。また脳内の炎症は安静時における脳内ネットワークの活動を亢進させるといわれています。これらのことからイミダゾールジペプチド摂取により老化にともなう炎症がおさえられることから脳内のネットワークの活動もおさえられたものと考えました。イミダゾールジペプチドは脳内ネットワークの効率性を高めることが記憶力の改善に繋がったものと考えます。

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
脳病態統合イメージングセンター長 松田博史

こちらのページでは、このイミダゾールジペプチドを豊富に含む鶏胸肉をおいしく召し上がれるレシピを中心にご案内します。
レシピ中のIDP値は、イミダゾールジペプチド量を示します。おいしく食べて、鶏肉のパワーを手に入れましょう!

~ レンジでつくる!鶏むね肉入りしゃきしゃきサラダ ~

・鶏むね肉のパサつきを感じさせないしっとりとした仕上がりに
・冬ならレンコン、夏ならオクラなど旬の野菜でアレンジしてみましょう。
材料(2人分)
鶏むね肉(皮なし) 100g
キャベツ 120g
もやし 100g
A サラダ油 大さじ1
A 酢 大さじ2
A おろしにんにく 小さじ1/2
A 塩、こしょう 少々
A 砂糖 小さじ1/2

< 作り方 >
1.キャベツは千切りにする。
2. もやしは水洗いし、耐熱皿に入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(500W)で30秒ほど加熱する。
3.鶏肉はそぎ切りにし、塩、こしょうをして重ならないよう耐熱皿に並べ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(500W)で1分30秒ほど加熱する。加熱後、鶏肉を冷まし、手で小さく裂く。
4. Aを混ぜ合わせ、1~3を加え和える。

< 栄養価 > 1食(1人分)あたり
IDP値 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
400㎎ 138kcal 12.8g 6.9g 5.9g 0.7g

<献立例>
・例1 ごはん、卵焼き、レンジでつくる鶏むね肉入りしゃきしゃきサラダ、けんちん汁、キウイ

~ やわらか油淋鶏 ~

・甘酢ソースで揚げ物もさっぱりとおいしく食べられる!
・ごはんや麺類に相性のよいおかず
材料(2~3人分)
鶏むね肉 1枚(300g)
長ねぎ 1/4本
A しょうゆ、酢 大さじ1
A 砂糖、酒、ごま油 各小さじ1
B おろししょうが 小さじ1/2
B おろしにんにく 小さじ1/2
B 塩 少々
C 片栗粉  大さじ3
C 水 大さじ1と1/2
C しょうゆ 小さじ1/2
揚げ油 適量

< 作り方 >
1.長ねぎはみじん切りにして、Aと混ぜ合わせ、ねぎ甘酢ソースを作る。
2.鶏肉は厚い部分は開き厚みをそろえ、縮まないように1cm間隔の切り目を入れ、皮には包丁もしくはフォークを使ってところどころ穴をあける。
3.2とBをあわせよくもむ。
4.ボウルにCを入れて混ぜ合わせ、3を入れてからめ、衣をつける。
5.フライパンに油を入れ、170℃に熱し、4を鶏肉の皮目から入れて4分揚げる。ひっくり返しさらに4分揚げる。
6.熱いうちに食べやすい大きさに切り、器にもって1のソースをかける。

< 栄養価 > 1食(1人分)あたり
IDP値 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
750㎎ 387kcal 19.8g 21.7g 13.0g 0.9g

<献立例>
・例1 ごはん、やわらか油淋鶏、みそ汁、ツナと野菜のさっぱりサラダ、メロン
・例2 そうめん、やわらか油淋鶏、ブロッコリーのおかか和え、ヨーグルトオレンジゼリー

日本ハム株式会社